ソニーの電子ペーパーがあれば、目も疲れないので論文を読むのがはかどる」というツイートを見てeink(電子ペーパー)端末に興味を持ったのですが、いかんせんソニーの電子ペーパーは13.3インチと画面はでかいけど値段も高いので、einkディスプレイを手軽に楽しむにはどうすれば良いかをいろいろ調べてみたら、楽天の電子ブックリーダー「Kobo」の初期モデル(N905C)のファームウェアを書き換えれば、マルチメディア端末として遊べることを知ったので、さっそくヤフオクで中古品(1300円ほど)を買ってみました。

Koboの分解

インストール方法は語り尽くされているので、ざっと概要のみ。8GBのmicroSDカードにKobo Debian(Linux)を書き込んだら、本体を分解して(私は近所の楽器店で買ったギターピックを差し込んでこじ開けました )元々入っていた2GBメモリーカードと差し替えます。

N905Cモデルを前提に開発されたLinuxなので、すんなりと起動します。ただ惜しむらくはXRandRコマンドでスクリーン情報を調べる範囲では、グラフィックドライバーが横画面しか対応していないようです。

KoboでLinuxを起動 XRandRコマンド

では続いてAndroid 2.3を導入してみましょう。OSが古いので、Google Playからはたいしたアプリは手に入りませんが、Acrobat ReaderやPerfect Viewerなど、プリインストールされたアプリだけでも電子ブックリーダーとしては十分に活用できます。

開発者のフォーラムから手に入るROMイメージは初期バージョンで、グラフィックドライバーの改良などが施されたバージョンはデッドリンクとなっています。ただ、本人によるアップロードかどうか不明なので、あまり大きい声では言えませんが、「2014-08-07 Android_Kobo_Touch_public MEGA」で検索するとなんとかなるみたいです。

ほかの方が紹介した方法に従ってmicroSDにイメージを書き込むと、インストールと起動もスムーズにいきました。

KoboでAndroidを起動

ここで私が一番手こずったのはテキストの日本語化です。日本語フォントがROMイメージに含まれていないため、いわゆる中華フォント問題が発生します。同梱のファイルマネージャーでROOT権限でフォントをコピーしても失敗するため、苦肉の策として仮想マシンのUbuntuでmicroSDカードをマウントし、任意のTrueTypeフォントのファイル名を「DroidSansFallback.ttf」「DroidSansJapanese.ttf」に変更した上で、以下のコマンドを使ってコピーしました。
sudo cp DroidSansFallback.ttf "/media/user/Android System/system/fonts/DroidSansFallback.ttf"
sudo cp DroidSansJapanese.ttf "/media/user/Android System/system/fonts/DroidSansJapanese.ttf"


Ubuntuでフォントファイルの差し替え

これにより、フォントの差し替えが無事成功したので、小説なども読みやすくなるでしょう。

フォントの日本語化

欲を言えば独自のLinux ROMを開発したいところですが、それなりのOSの知識が必要なので、それはまた今度のお話。
,, | 2017年11月4日
Googleが公開しているAndroidのソースコードをベースにIntel系の端末で汎用的な動作を試みるプロジェクト「Android-x86」。Android 6.0の正式版が先日公開され、最新版では特別な手順を踏まずとも、ちょい古タブレットに用いられているBayTrail世代の32bit UEFIシステムにもインストールできるようになりました。とはいうものの、USBにLinuxブートシステムを導入したり、ブートメニューにWindowsが出てこなくなったりと、一般の人がおいそれと導入することはできない難しさがあります。

管理人も試行錯誤した結果、インストール補助ツール「Android-x86 Installer UEFI Version」のソースコードをカスタマイズすることで、Windows 10とAndroid 6.0デュアルブートができるようになりました。音声が出ないなどのハードウェアの問題は残っているものの、4.4をはじめとするこれまでのバージョンはASUS VivoTab Note 8(M80TA)では全く動かなかったので、動作していること自体が感動的ですらありました。


導入するにはAndroid_UEFIInstaller.exeを実行して、Android Imageには「android-x86-6.0-r1.iso」を、Target Driveにはあらかじめ空けておいたハードディスクのパーティションのドライブを指定します。あとは「Install」ボタンを押すと、インストールが開始されます。Androidを起動するには、BIOSから直接Android OSをブートするか、Windowsの「すべての設定→更新とセキュリティ→回復→今すぐ再起動する」を選択し、その後に表示される一覧より「デバイスの使用→Android OS」を選択します。


カスタマイズされたインストーラーはこちらのリンク先にて、修正されたソースコードを同梱した上で公開しております。修正の要望はオリジナルのプロジェクトにリクエスト済みのため、本家が対応するようになったら公開は終了する予定です。

環境によってはVisualC++ 2015ランタイムが必要になることがありますのでご注意ください。また、インストールによって生じたトラブルに関しては一切責任を負いません。サポートもできませんので、Android自体の不具合などはプロジェクトのフォーラムでお問い合わせください。
 | 2016年9月20日
今使っているAndroidスマートフォンのバージョンが古くなってきたので、そろそろ乗り換えたいと思い、Android 6.0(marshmallow)へのアップデートの予定があるらしいことや、x86チップ環境での実機テストができるとの理由より、ASUSのZenfone2(ZE551ML)を購入しました。アプリにおけるアーキテクチャの互換性の問題が心配でしたが、これまでのARMベースのスマートフォンでよく使っていたアプリは一通り動作しており、快適に利用できそうです。

上海問屋で以前に500円で買ったDN-12176を使ってみることにしたのですが、ここで問題が。Zenfoneの一部のモデルはボリュームボタンが背面にあるため、汎用ケースだとスイッチを押すことができないのです。設定画面から変更することはかのうですが、ムービーを見た後でゲームをすると爆音がしたときにすぐに音量を下げることができないため、対策を考えてみました。


今のところ、一番最適なのは「VolumeIcon」というアプリです。これを使うと通知領域の真下にボリュームコントローラーを表示することができるようになります。タッチパネルの上部を下へとスライドすると、ゲーム中でもステータスバーが表示されるので、あとはそのままスライドされ続ければ、コントローラーが出現して、すぐに音量を下げられます。

 

音量ボタンのほかの使い道と言えばスクリーンショットの撮影ですが、ASUSのZen UIはタスクボタンの長押しでスクリーンショットが撮影できる設定がありますし、物理ボタンによる強制再起動をしなければならないケースもまれなので、格安の手帳ケースでもなんとかなりそうです。
, | 2016年4月14日
 パソコンショップ・イオシスに、独自開発のAndroid 2.2搭載タブレット、その名もioPad5が19999円で入荷しました。ショップの紹介サイトでムービーを見ることができるのですが、インターフェイスがきびきびと反応しており、なかなか使い心地はよさそう。3D非対応、Bluetooth無しなど、エンターテインメントマシンとしては厳しいですが、ブラウジングや電子書籍リーダーとして使うのであれば、なかなか役に立ちそうです。





 | 2011年6月29日
 近くのパソコンショップで、いわゆるチャイパッドと呼ばれる、格安アンドロイド端末が展示してあったのだが、なんとまあ使いづらいこと。指を押し込まないと反応しないし、ホーム画面のスクロールですらカクカクだし。ハードウェア技術者の話ではOSにも難点があり、2.0世代では処理チップの能力を発揮しづらいのだとか。

 スムーズに反応して、iPadよりもコストパフォーマンスの高いタブレットは果たしてあるのか。その答えのひとつが、エイサーの「ICONIA TAB A500-10S16」だと思います。OSにはAndroid 3.0が搭載されおり、様々な技術が追加投入されているのはもちろん、1GHzデュアルコア+GPUでなめらかな描画。Blutooth、カメラ、HDMI出力、USB端子などの拡張も標準で、SDカードを差し替えれば、好きなだけコンテンツをコンパクトにまとめることができます。これで36800円(※ヤフーショッピングの最安値)。



 | 2011年6月21日