パソコンイラストレーター御用達のペンタブレット「intuos」シリーズの最新モデル「intuos4」がいよいよ登場します。筆圧関知を従来の2倍(2048段階)に増やし、より繊細なタッチをパソコン上で再現。オプションの代えペンによって、エアブラシのような持ち味や、インクペンのような持ち味でデザインすることも可能です。

30cmのLargeモデル22cmのミディアムモデル16cmのSmallモデル

 ちなみに、通常モデル+3000円で購入できるスペシャルエディションには、Photoshop Elementsの最新版(Mac版は6、Win版は7。両方が付属)とPainter Essentials 4が付属して大変お買い得となっています。

 ソフマップでは販売額の10%をポイントにて還元。

 | 2009年4月2日
 日本ヒューレットパッカードから、タッチパネル内蔵のノートパソコン「HP Pavilion Notebook PC tx2105/CT」の後継機となる「HP Pavilion Notebook PC tx2505/CT」が8月4日に登場します。メタルフレームの美しい外観に、デュアルコアプロセッサ「AMD Athlon 64 X2」を搭載。高速無線LAN規格であるIEEE802.11nにも対応しています。


 tx2000シリーズの特徴は、タブレット最大手のワコム社との技術提携により実現した、独自のタッチスクリーンにあります。付属の電子ペンを使ってパネルに入力しているときは、指などのペン以外のタッチを認識しなくなるため、手をディスプレイに添えながらでもペンによる記入が可能となっています。さらにこのモデルのすごいところは筆圧を関知できること。筆圧関知に対応したグラフィックソフトを使えば、ペンをパネルに強く押すと太い線が、弱く押すと細い線が描けるため、ノートパソコンがキャンバス代わりとなって、自然な手書きイラストを描くことが可能になっています。筆圧関知は256段階と専用タブレットに比べれば見劣りするものの、イラスト制作に十分対応できる性能です。

 お買い求めは日本ヒューレットパッカードの直販サイト「HP Direct Plus」でどうぞ。

 | 2008年8月1日
 パソコンで本格的にイラストを描くときにお世話になるのが、ペンで描いたとおりにマウスカーソルが反応する入力機器「タブレット」。でも、ペンを持つ手は机だけど視点はパソコンディスプレイ。どうせなら、ディスプレイに直接ペンで描きたい。今日はそんなあなたのためのパソコンおよびディスプレイを紹介します。

 日本ヒューレットパッカードが販売する「HP TouchSmart PC IQ500」はタッチセンサーが搭載されたディスプレイを搭載するWindows Vistaパソコンです。22インチワイドの大画面ながら、CPUをはじめとするすべてのパソコン機器が組み込まれた約6.7cmのスリムな液晶ディスプレイをタッチして様々な操作が行えます。



 しかしこれはタッチしている/していないの2パターンしか認識しないため、水彩画タッチのイラストなど筆圧の概念が必要なイラストには向いておらず、CADやAdobe Illustratorなどのベクトルを扱うタイプのグラフィックソフトウェアを中心に使う人向きでしょう。

 一方、プリンストンテクノロジー社の19インチワイド液晶モニター「PTB-TMW19B 」は、1024段階の筆圧探知に対応。ディスプレイの厚さは24mmなので、机の上に直接置いても違和感がありません。微妙な筆の入れ加減もおまかせで、こちらはPainterやPhotoshopなどのラスタを扱うタイプのグラフィックソフトウェアを利用する人向きです。


 HP TouchSmart PC IQ500はHP Directplusで、PTB-TMW19Bは九十九電機 でそれぞれ取り扱っております。

, | 2008年7月5日