対象のウェブページを1つのHTMLファイルとして保存するGoogle Chorme拡張「シングルHTMLダウンローダー」の最新版・Ver 1.7を公開いたしました。

今回のアップデートでは「ファイルの最適化」機能を追加。JavaScriptなど読み込みが遅くなる原因や、SNS用データなど一般の人には直接関係の無いデータはできる限り除去する一方で、元のレイアウトを可能な限り維持して保存できるようになりました。

また、Firefoxアドオン版もラインナップに追加いたしました。Firefox公式サイトで配布するには、Firefoxのスタッフがプログラムコードをすべて調べ上げてから合否を判断するというMozillaの方針により、公開まで1ヶ月以上かかることがあるとのことなので、現時点ではTNKソフトウェアの紹介ページよりMozillaにより認定(署名)済みのxpiファイルを直接ダウンロードしていただくようにしております。
 | 2017年10月13日

対象のウェブページを1つのHTMLファイルとして保存するGoogle Chorme拡張「シングルHTMLダウンローダー」の最新版・Ver 1.5をChromeウェブストアにて公開いたしました。今回のアップデートでは<pre>タグ内の改行が削除されてしまう問題を修正しています。
 | 2017年10月1日

対象のウェブページを1つのHTMLファイルとして保存するGoogle Chorme拡張「シングルHTMLダウンローダー」の最新版・Ver 1.4をChromeウェブストアにて公開いたしました。

今回のアップデートではheadタグの文字列がページに残ってしまう問題の修正を行うとともに、一度ローカルに保存したファイルでも、拡張機能が使えるようになりました(拡張機能一覧にある「ファイルのURLへのアクセスを許可する」のチェックを入れる必要があります)。これにより、すでに保存済みのフォルダー付きファイルを再編集することが可能となっています。

また、「最小限ダウンロード」機能を新しく追加しました。これは、スタイルシートやスクリプト、インラインフレームなどの読み込みが遅くなる原因を事前に削除・整頓することで、レイアウトよりもファイルサイズや読み込みの早さを優先するHTML文章を生成してくれます。

 | 2017年9月28日

拙作の「シングルHTMLダウンローダー」は、対象のウェブページを1つのHTMLファイルとして保存するGoogle Chorme拡張で、おかげさまでご好評をいただいております。

ただ、ブラウザは単一のファイルの内容を一度に解析するため、ウェブページの内容によっては保存したファイルのレンダリングに時間がかかることがあります。そこで、ファイルサイズの削減と読込の高速化を行うテクニックをご紹介いたします。

保存したいウェブページを開いたらF12キーか右クリックメニューの「検証」を選びます。これによって開発者ツールが起動し、ウェブページのデータを編集することができるようになります。


まずは、読みたい記事だけを抜き出します。開発ツールの左上にある「要素を選択」ボタンをクリックしてから対象の記事がすべて含まれる箇所までマウスを移動させてからクリックします。


選択されたタグをbodyの真下に来るようにドロップし、そのタグより下にあるデータをDeleteキーを押してすべて削除します。



だいぶすっきりしました。


次は読み込みにかかる最大の原因であるscriptタグを片っ端から消していきます。ページ内検索(Ctrl+Fキー)で「<script」の検索数が0になるのが理想です。iframeもよく広告などに使われるため、できる限り消していきましょう。


余裕があれば、コメント欄などの記事に直接関係の無いタグも消しましょう。方法は「要素を選択」と同じで、不要な箇所を選んでDeleteキーで消していきます。


headタグ内を整理します。基本的にmetaタグはすべて消しても構いません。style(link stylesheet)タグを消すことでデザインが大幅に崩れてしまうようなら、「Ctrl+Z」キーで一度戻して、そのタグは残しておきましょう。


では、編集前と編集後のデータを比較してみましょう。サンプルに使用したページの場合、私の環境ではオリジナルそのままのファイルだとサイズは8MBですべての読み込みに22秒かかっていますが、編集後のファイルは5MBと大きなファイルサイズの減少はありませんが、わずか0.3秒で読み込みが終わっています。





 | 2017年9月22日

ツイッターでハンドスピナーを使った工作を試みた方がおられたので紹介します。


ハンドスピナーは回転を維持するのにベアリングが使われているため、ベアリングの代替品として使う方法があったかと、感心しています。今はまだ市販のベアリングを買った方が安くつくかもしれませんが、ブームが過ぎたら、十把一絡げでハンドスピナーが売られることになるでしょうから、そのときにはハンドスピナーで回転が必要な機械を作って遊んでみるのもいいかもしれません。
 | 2017年9月19日


ヤフープレミアムに加入して、ヤフオクで不要なものを売って貯めたお金をもとにヤフーショップでお買い物するという、Amazonよりもヤフー派な管理人。今年から、ソフトバンクがヤフーとの提携を強化したことや、ソフトバンクホークスのマジックが点灯して優勝セールに期待がかかったこと、また、ネットサービスで携帯電話番号を要求されることが増えたなどの要素が重なったので、これを機会にソフトバンクと契約してみようかと思いました。

しかしながら、ネットで2017年1月からはソフトバンクSIMとスマートフォンのIMEIが紐付けされるようになり制約が厳しくなったなどの情報くらいは見つかるものの、契約した場合、実際にどこまで制限があるのかが全くわかりませんでした。これ以上調べてもきりが無いので、もはや管理人が身銭を切って試してみるしかありません。