シングルHTMLダウンローダー 1.4を公開しました

対象のウェブページを1つのHTMLファイルとして保存するGoogle Chorme拡張「シングルHTMLダウンローダー」の最新版・Ver 1.4をChromeウェブストアにて公開いたしました。

今回のアップデートではheadタグの文字列がページに残ってしまう問題の修正を行うとともに、一度ローカルに保存したファイルでも、拡張機能が使えるようになりました(拡張機能一覧にある「ファイルのURLへのアクセスを許可する」のチェックを入れる必要があります)。これにより、すでに保存済みのフォルダー付きファイルを再編集することが可能となっています。

また、「最小限ダウンロード」機能を新しく追加しました。これは、スタイルシートやスクリプト、インラインフレームなどの読み込みが遅くなる原因を事前に削除・整頓することで、レイアウトよりもファイルサイズや読み込みの早さを優先するHTML文章を生成してくれます。

 | 2017年9月28日