200円LCD「AM50288H」のC#ライブラリを公開しました

「AM50288H」は、大阪日本橋の電子パーツ店「デジット」や共立エレショップの通販サイトで1つ200円で販売されているLCDです。14セグメント方式なので、ASCII文字を表示する程度なら、なかなか使い道のある製品です。今回はこのLCDをWindows 10 IoT Coreで制御するためのライブラリーを開発したので、この場を借りて公開したいと思います。

商品には簡易的なデータシートが同梱されているため、これを基に配線を行いました。


この図のように配線自体は簡単なのですが、LCDの出力端子が0.5mmピッチ10ピンFFC仕様なので、実際にはFFCケーブルと変換基板を用意する必要があります。共立電子ではケーブルを取り扱っていなかったため、管理人はeBayでケーブルを10本2ドルほどで個人輸入しましたが、到着まで1ヶ月ほどかかったので、そこまで待てないという方は、aitendoの通販サイトを使うと良いでしょう。


続いてライブラリーの使い方の解説です。

AM50288クラス(AM50288H.cs)
また、付属のプロジェクトファイルには動作検証用のUWPアプリが収録されています。


SetボタンやチェックボックスでLCDに表示するデータを登録することはもちろん、画面上部のセグメントイメージの箇所を直接クリックしても、表示のオン・オフが行えます。ただし、Updateボタンを押すまでLCDにデータは送信されないのでこの点には注意してください。


プログラムを開発するに当たって、セグメントの列挙型の定義はArduino用ライブラリーを参考にさせていただきました。この場を借りて開発者にお礼を申し上げます。

サンプルソースのダウンロード(IoTプログラミングのページに移動します)
, | 2016年12月13日