HP×ワコムの筆圧関知がついたタッチノートパソコン「HP Pavilion Notebook PC tx2505/CT」

 日本ヒューレットパッカードから、タッチパネル内蔵のノートパソコン「HP Pavilion Notebook PC tx2105/CT」の後継機となる「HP Pavilion Notebook PC tx2505/CT」が8月4日に登場します。メタルフレームの美しい外観に、デュアルコアプロセッサ「AMD Athlon 64 X2」を搭載。高速無線LAN規格であるIEEE802.11nにも対応しています。


 tx2000シリーズの特徴は、タブレット最大手のワコム社との技術提携により実現した、独自のタッチスクリーンにあります。付属の電子ペンを使ってパネルに入力しているときは、指などのペン以外のタッチを認識しなくなるため、手をディスプレイに添えながらでもペンによる記入が可能となっています。さらにこのモデルのすごいところは筆圧を関知できること。筆圧関知に対応したグラフィックソフトを使えば、ペンをパネルに強く押すと太い線が、弱く押すと細い線が描けるため、ノートパソコンがキャンバス代わりとなって、自然な手書きイラストを描くことが可能になっています。筆圧関知は256段階と専用タブレットに比べれば見劣りするものの、イラスト制作に十分対応できる性能です。

 お買い求めは日本ヒューレットパッカードの直販サイト「HP Direct Plus」でどうぞ。

 | 2008年8月1日