クラスまみれのゲームプログラミング第36、最終回掲載

 C++のクラスシステムを使い倒すことで、DirectXゲームプログラミングを楽にするためのノウハウを紹介する「クラスまみれのゲームプログラミング」。最終回はこれまでに作成したゲームエンジンプログラムをダイナミックリンクライブラリ(DLL)ファイルとして、ほかのゲームプログラムに再利用できるようにする方法を解説しています。
2007年8月1日