人気SEOキーワード解説(社会現象となったアニメたち)

社会現象となったアニメたち

機動戦士ガンダム

「ファーストガンダム」とも呼ばれる。繊細な人間模様や、機械工学を重視したロボットのデザインや設定がアニメ放送後に評価され、その後のロボットアニメに大きな影響を与えた。

新世紀エヴァンゲリオン

1995年にアニメの放映が開始。当初は難解なストーリーや設定が敬遠され、視聴率が振るわなかったが、これまでのストーリーとの脈絡のない、ある意味監督の投げやりともいえる突飛な最終回が話題になり、結果としてアニメファンを超えた支持を集めるようになる。現在「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」としてリライトが行われている。

けいおん!

かきふらいの同名4コマ漫画作品が原作。テレビアニメの放送されると漫画の売り上げが伸びただけでなく、主要人物の一人である秋山澪が用いた左利き用のベースが売り切れるという現象も発生した。

魔法少女まどか☆マギカ

原作のないオリジナルアニメ作品として異例のヒットを遂げた深夜アニメ。見た目は児童向けアニメの様態だが、残酷なストーリや深い心理描写などの大人向けの要素が詰まっているのが特徴。


Go to top