Xbox 360用のワイヤレスコントローラーをウィンドウズパソコンで使えるようにする「Xbox 360 Wireless Gaming Adapter」。マイクロソフトではすでに生産を終了していることもあり、ヤフオクではプレミア付きで3000~5000円で取引されています。ただ、これだけのお金を支払うのであればPlay-Asiaで「Xbox 360 Wireless Controller for Windows」を買う方が賢明な気がします(もちろんレシーバー付属)。

 でも、すでにワイヤレスコントローラーは手元にあるし、同じものが2個あっても……というのであれば、互換のレシーバーを使ってみるのはいかがでしょうか。

 ebayで「xbox Wireless Receiver」で調べると、日本への送料込みで20$位で購入できることがわかります。で、管理人はこのアダプターを実際に購入したのでレポートをしたいと思います。



 パッケージの裏にある貧相なCDにはマイクロソフト社のレシーバーソフトウェアと同一のものが入っています。


 レシーバーの裏側、ホログラムが貼ってありますが、文字や記号らしきものは刻印されていません。互換機器というよりはパチもんに近いか。


 USBポートに接続してみても正常に認識されないため、手動でインストールしなくてはいけないようです。

 まずはドライバーのインストール。マイクロソフトのサイトより純正のユーティリティーソフトウェアをダウンロード・インストールします。


 次にデバイスマネージャーを開き、問題のアイコンを右クリックして表示されるメニューより「ドライバーソフトウェアの更新」を選択します。すると、ウィザード画面が表示されるのでまずは下の「コンピューターを参照して……」をクリックしてください。


 次の画面では「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から……」をクリック。


 デバイスの種類では「すべてのデバイスを表示」を選択して「次へ」ボタンを押します。


 「ディスク使用」をクリック。


 インストール画面が出たら右下の「参照」をクリックします。


 ファイル選択ウィンドウが開いたら「system32」フォルダ以下にある「xusb21.inf(※ドライバーのバージョンによっては数値が変わる場合あり)」を選択します。


 ハードウェアの一覧が表示されるので、この中から「Xbox 360 Wireless Receiver for Windows」を選択します。


 これでインストールは完了。Windows 7の64bitでもばっちりゲームで動かすことができました! ちなみにコントローラーとレシーバー間のペアリング作業は純正レシーバーでの操作方法と同じです。